--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.04.20 *Sat*

読んだ本

最近、読書キロクをサボってはおりますが、
一応、ほそぼそと読んではおります・・・。

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
「ビブリア古書堂」のほうを読んでそれなりに面白いので、
同じような感じかなぁと思ってこちらも。
ただ、謎解きという意味では物足りない。
それなりに読みやすくって、さらっと読めるけど、
逆にあまり印象に残らない。
ちょっと内容的に強引なところもあるし。
続編がでているようなので、図書館に入ったら読むかもしれないけど、
自分で買ってまで読むかといわれたら微妙。

夜桜: 吉原裏同心(十七) (光文社時代小説文庫)
ずっと読んでいるシリーズなので、ついつい読んでますが、
だんだんネタ切れ?と思わなくもなく。
いつもながら、何も考えずに通勤の合間に読むにはいいんですが。

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)
実は結構ヘビーなテーマだったり、内容だったりするんですが、
このシリーズって、わりと文体が軽めでさらっと読めるので、
そこがいいのかな?
主人公たちの秘密とかがだんだんわかってきて、
次回作がすごくたのしみ。
そしてこの本を読むと、美味しいパンがとっても食べたくなる(笑)

ソロモンの偽証 第II部 決意
読み始めたら止まらなくて、重いのに今回も持ち歩いてしまった・・・。
ちょっとまどろっこしいところもあり、
途中でなんとなく真相(というかとある人物の立ち位置)が予測できたりしたのですが、
それでもついつい先が気になって読んでしまうあたり、
宮部さんの文章のうまさかなぁっと思います。

春霞ノ乱-居眠り磐音江戸双紙(40) (双葉文庫)
ついついシリーズものなので読み続けていますが、
やっぱりこれだけ続いちゃうと中だるみというか、
マンネリ化してきちゃってるかな?
だからこその、過去の事件のなぞり返しみたいな
話になっちゃったのかなぁと。
ま、こちらも余りなにも考えずにさらりと読めるので、
通勤時間に読むには最適なのですが。

ソロモンの偽証 第III部 法廷
こちらも分厚いのですが、例によって持ち歩きましたわ(^^;)
正直、中学生にここまでできるのか(調査とかも含めてね)と思うのですが、
逆に高校生とか、ましてや大学生とかになると、余りにも現実的すぎて
嘘っぽくなっちゃうのかなぁとも思います。
中学生がやっていることだから、って思って読むから、
多少あり得ないことでも、許して読めちゃう?
ラストはハッピーエンドかどうかというと微妙で、
でもそれぞれほんの少しずつ、救いがあって。
主人公たちのその後がはっきり描かれていないのも、
あの後彼らはどうしたんだろう、どんな人生を送っているんだろう、
といろいろ考えることができて、私はこういう終わりかた割と好きです。
昔から宮部さんの終わり方って、すごく好きです。
第1部から第3部まで、久しぶりにがっつり読んだ、って感じです。

静おばあちゃんにおまかせ
中山七里さんの本がそれなりに面白かったので借りてみた本。
これが意外にあたりでした。
この方の他の本よりも、謎解き部分もそれなりにしっかりしているし、
全体的にのんびり、ふんわりした雰囲気がいいです。
ラストは他の本だと「それってありですか?」という感じだと思うんだけど、
このお話しだと、なんだか妙に納得してしまう部分もあったり。
ちょっとだけ、シリーズ化して欲しかったりもする。

春の珍事 (ハルキ文庫 さ 8-38 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控 21の巻)
これもなんとなくシリーズが続いているので読んでますが・・・。
このシリーズが一番、マンネリ&迷走しているような・・・。
今回もやたらと猫の失踪が話に入るんだけど、これって必要なのか?
と思ってしまうぐらい、最後まで読んでもこのエピソードが他と結びつかない。
そして他のシリーズもそうだけど、やたらめったら主人公が強い、完全無欠な人になってって、
ちょっと面白みに欠けてしまっているのがね・・・。

○に十の字 新・古着屋総兵衛: 新・古着屋総兵衛第五巻 (新潮文庫)
こちらもシリーズで読んでいるもの。
こちらは新シリーズが始まって、途中で??ってなったところもあったのですが、
他のシリーズに比べれば、まだ話に動きがあって読めるかな?

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
このシリーズの4冊の中では、この巻が私は一番面白かったです。
4冊の中では初めて長編だし。
主人公の家族の謎とか、いろいろ動きがあって、それがうまく話と絡んでいて
一気に読んでしまった。
どうやらこのお話も後半のようですが、残りがちょっと楽しみになってきた。
そして、このお話を読むと、江戸川乱歩、知ってそうで実は知らない、
ということに気が付きました。
本の題名は知ってるけど、あんまり読んだことないよなー。

クリスマス・プディングの冒険 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
手持ちの読む本を切らしていて、手元にあったこの本を。
実は、アガサ・クリスティーは昔から好きで、ハヤカワ文庫
(しかも昔の表紙がイラストで枠が赤いヤツ)をほぼ全部持っているという。
今はたまに、手持ちで読む本がなくなったときなんかに
読み返したりしてます。
とりあえず、翻訳本だし、私が持っているのはかなり古い版なので
言い回しとかが、かなりまどろっこしいところとかもあります。
分かりにくい表現もたくさんあるし。
でも、ミステリーとしては秀逸。ついつい読み返してしまう作家さんです。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

yuki

Author:yuki
いろいろ興味はあれどなかなか時間がなく・・・。のんびりとマイペースで楽しんでいることを綴っていきたいと思います。現在神奈川県に生息中・・・。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Yonda?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

検索フォーム

Counter

リンク

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Copyright © Take it easy All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:amu*ca)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。