--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.16 *Sat*

受け継がれる東洋の至宝 Part3 「曜変・油滴天目 -茶道具名品展-」

今日はお茶のお稽古がお休みだったので、前々から観たい観たいと思っていた
曜変天目を観に、静嘉堂文庫美術館へ行ってきました。

現在行われている展示会は「曜変・油滴天目 -茶道具名品展-」

世界に3碗しか現存しないといわれる、曜変天目。
内側の黒い釉薬の上に大小の星と呼ばれる斑点(結晶体)が浮かんで、
瑠璃色あるいは虹色の光彩が取り巻いているものをいうそうです。
静嘉堂文庫にある曜変天目は3碗の中でも最高の物とされているそうで、
黒い内側に、瑠璃色の星が散らばっていて、本当に幻想的で綺麗なお茶碗でした。
窯の中で偶然の変化が起こって、釉薬の上に美しい自然の文様が現れることで
できるようだけど、本当に自然の力ってすごいなぁと
素直に思える、美しさでした。

今回は油滴天目も展示されてました。
こちらも写真をみると単なる黒いお茶碗のうえに油滴のように
斑点が見えるだけなんですけど、
光が当たると、この斑点が瑠璃色にもオレンジ色にも輝いて、
光が当たった実物を見ると、これまたすごく綺麗なお茶碗でした。

このほかにも「付藻茄子」や「松本茄子」、「利休物相」などの茶入や、
香合、水差など、その他の茶道具も素晴らしいものばかりで、
小さな美術館でしたが、十分に堪能できました。

それにしても曜変天目、綺麗だったなぁ~。
2年に一度しか公開されていないので、次は再来年かな?
再来年も是非観に行こう・・・。

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 


TRACKBACK

TrackBack List



10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

プロフィール

yuki

Author:yuki
いろいろ興味はあれどなかなか時間がなく・・・。のんびりとマイペースで楽しんでいることを綴っていきたいと思います。現在神奈川県に生息中・・・。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Yonda?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

検索フォーム

Counter

リンク

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Copyright © Take it easy All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:amu*ca)    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。