FC2ブログ

This Archive : 2012年06月

2012.06.30 *Sat*

お茶のお稽古

本日のお稽古は茶通箱でした。
なかなかお稽古しないお点前なので、すっかり忘れてた(^^;)
スポンサーサイト




2012.06.23 *Sat*

「中世人の花会と茶会」展

根津美術館で開催されている「中世人の花会と茶会」を観てきました!

一応、目玉は長次郎作の「赤楽茶碗 銘無一物」で、こちらももちろんよかったのですが、
全体に花入、茶入、水指など、いろいろ見ることができてよかったです。
「白玉」という茶入が可愛かったなぁ。

2012062301.jpg
写真は根津美術館の鑑賞券。双羊尊という古代中国の青銅器なのですが、
なかなかラブリーな羊ちゃんでした。

お茶仲間4人で観にいったのですが、どうしても
「あの茶碗じゃ点てにくそう」とか「運ぶのに重そう」とか
かなり現実的な感想になっちゃうのが、なんとも可笑しかったです(笑)

2012.06.17 *Sun*

手縫いいらずのブックカバー

裁断していて縫ってなかったものシリーズ第3段。
(実は、まだ縫ってないのもがまだある・・・(^^;))

2012061706.jpg
Patternはchikuchikuhappyさんの手縫いいらずのブックカバーです。
今回は単行本サイズ二つと文庫サイズ一つ。
表生地は綿クロス。黒とベージュの色違いです。
このパターン、ほんと手縫いいらずでサクッと縫えます。
(そして外からまったく縫い目が見えないので、とっても綺麗に見える!)

2012061707.jpg
文庫本サイズには留め用のゴム紐もつけてみました。

2012061708.jpg
内布は黒の内側は小鳥柄、ベージュの方はRickRackのRRギンガムのいちご色で。

2012061709.jpg
栞用の紐の先にはビーズで飾りを。

何を思ったか単行本サイズを作ってしまい、合う本がない・・・(^^;)
ほんとは新書サイズが欲しかったのでした・・・。
今度はちゃんと新書サイズでつくろう。

Pattern:chikuchikuhappy 手縫いいらずのブックカバー
表布:綿クロス(ユザワヤ)
内布:コットン(オカダヤ)
   RRギンガム いちご色(RickRack

2012.06.17 *Sun*

Cylinder tote

裁断していて縫ってなかったものシリーズ2つめ。

2012061702.jpg
snowwingさんのCylinder toteです。
表布はリデさんの11号帆布のサフラン。
ポケット部分はRickRackさんのフルーツ柄リネンです。
ちょうどA4サイズのファイルを横にして入る大きさで、
でも肩にかけて大きすぎもせずという、なかなか使いやすそうな大きさです。
今回は仕様書通りに作ったので、口になにもつけなかったけど、
口がパカッとあくので、今度作るときはマグネットボタンか留めをつけようかな。

2012061703.jpg
表のポケットの裏は白地に茶色の水玉のコットン。
このポケット、意外に作り方は簡単なのに見栄え良し。
ファスナーポケットの後ろにももう一つポケットがあります。

2012061704.jpg
内布はキルトゲイトの黄色の小花柄。
すごくお気に入りの生地だったけど、これでほぼ使い切りです。

2012061705.jpg
内側にもポケットを。
ポケットの生地、内布と同じにしたかったけど、どうしても足りず。
表のポケット内布と同じ、水玉生地です。
ポケットは三等分にして、真中は少し浅めにしてます。

底が丸くなっているので難しいかなぁと思いつつ、
縫う前に縫い代に切り込み入れたら、案外縫いやすかったです。
それ以外も直線が多いし、結構簡単にできました。

Pattern:snowwing Cylinder tote
表布:11号帆布 サフラン(リデ
   フルーツ柄リネン(RickRack
内布:キルトゲイトのコットン

2012.06.17 *Sun*

ヘアバンド

本日も裁断していて縫ってなかったものシリーズです。

2012061701.jpg
ヘアバンドです。
作り方は以前作った時にも参考にさせていただいたwoopee*通信さんの「ヘアバンドの作り方」。
生地は上がnaniIROの2008年のFuwari fuwari、下も同じくnaniIROのダブルガーゼ。
どちらも自分服を作った残りです。
残りを使ったので一枚では裁断できず、つぎはぎしてます。

前に作ったもの、かなり使いこんでいて・・・。
毎日の洗顔には欠かせないので、新しいのを作りました。
洗い替えできるように二つ。
前回はゴムを2本だったけど、今回は3本にしてみました。

つぎはぎになっちゃうけど、ハギレでできるので
これからもせっせと作成しそうです。

Pattern:woopee*通信さん 「ヘアバンドの作り方
生地:コットンリネンWガーゼ naniIRO Fuwari fuwari(ミハマクロス

2012.06.16 *Sat*

しじみきんちゃく

なんだかひさしぶりにしじみちゃんを作りたくなって作りました。

2012061604.jpg
PatternはsnowwingさんのしじみきんちゃくのS。
表布は、RickRackさんの野の花のイエローとブルー、綿麻のわんこ柄。
それにRickRackさんのヨーロッパリネンギンガムのマーガレット、RRギンガムのアクアブルーとターコイズで。

2012061605.jpg
内布は黄色はキルトゲイトの小花柄、ブルーの方はコットンの花柄で。

久しぶりに作ったけど、やっぱり紐を絞った形が可愛いです。
そしてなぜか裁断を誤り、表布しか裁断してないのがあるので、
内布も裁断して仕上げなくっちゃ。

Pattern:snowwing しじみきんちゃく S
表布:野の花 イエロー ブルー(RickRack
   綿麻(マルナン)
内布:ヨーロッパリネンギンガム マーガレット(RickRack
   RRギンガム アクアブルー ターコイズ(RickRack


2012.06.16 *Sat*

ペンケース

前回ペンケースを作成した時に、あと二つ分裁断していたのでした。

2012061602.jpg
Pattenは前回と同じくStudio Clipさん。
表布はRickRackさんの麻デニムのベージュストライプと、綿麻の生地の組み合わせで。
わんこ生地は両方とも同じように見えますが、わんこの耳やお花の色が微妙に違う、
色違いの生地です。切り替え部分にはベージュのトーションレース。

2012061603.jpg
内布はキルトゲイトのピンクとブルーの水玉柄。

前回作ってから余り間隔があいてなかったので、スムーズに縫えましたわ。
時間も前回の半分以下だったし。
やっぱり常に縫ってないとだめねぇ、と思ってしまった。
なかなか縫う時間がないけど、合間見てちょっとずつ縫わなきゃね。

Patten:Studio Clip ペンケース
表布:麻デニム ベージュストライプ(RickRack
   綿麻(マルナン)
内布:コットン(キルトゲイト)

2012.06.16 *Sat*

布買いキロク

自戒のために布買いも記録しておきます(^^;)
じゃないと、際限なく布山が高くなりそうです・・・。

RickRackさんの『6th Anniversary』に行ってきてしまった・・・。
最近あんまり買ってないからいいよねー、カバンの内布にする生地も欲しいし・・・、
と言い訳しつつ(^^;)
んで、戦利品。

2012061601.jpg

一番左はキルティング。
ルームシューズ、履き過ぎて擦り切れてしまったので新調しようかと。
そのお隣はキズありでちょっとお安くなっていたレースストライプかな?
1.5mほどあるのでブラウスかチュニックかな?
次はお安くなっていたスムースとフライス。こちらは自分用カットソーに。
あとはコットンと一つだけラミネート生地。
コットンはバッグや小物の内布用に。ラミネートはポーチ用に。

最近作成ペースが落ちているのに布山は増えてしまった。
せっせと消費しなくては!
category : お買い物 | 日記 | 日記

2012.06.15 *Fri*

読んだ本

ここ一か月ほどで読んだ本です。

おまえさん(上) おまえさん(下)
久しぶりに宮部さんの本。
やっぱり宮部さんは面白いなぁと感じました。
物語もそうだけど、私は宮部さんの文体とか、
話の終わり方とかがすごく好きです。
この話は途中、いろんな話が入り組んで、
ちょっと散漫になったような気もします。
でも最後は決してハッピーエンドじゃないんだけど、
ほっこりするというか、しっくりするというか、
嫌な読後感が残らないのが好きです。

仇討: 吉原裏同心(十六) (光文社時代小説文庫)
シリーズでずっと読み続けているのですが、
うーん、さすがに最近は話がマンネリ化してきたかなぁ。
サクッとさらっと読むにはいいんですけどね。

宝引きさわぎ (ハルキ文庫 さ 8-37 時代小説文庫 鎌倉河岸捕物控 20の巻)
こちらも同じくずっと読み続けているシリーズですが、
こちらも同様に最近マンネリ化が。
そして同じくサクッとさらっと読むにはいいんですけどね。
シリーズものってどこで完結させるかとか難しいのかなぁ、ってちょっと思います。
まぁ、シリーズもので全然続きがでないより、発刊されるだけましなのかもしれないけど。

日光代参 新・古着屋総兵衛: 新・古着屋総兵衛第三巻 (新潮文庫)
またまたこちらも同じくずっと読み続けているシリーズ。
可もなく不可もなく?
あまり深く考えず、サクッとさらっと読むにはいいですが。

断絶 交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)
こちらもシリーズもの。
最初はなかなかおもしろかったんだけど、最近はちょっと
あり得ない感じの展開になっている気が・・・。
それはそれで、そういうものと割り切ってしまえば面白いですけどね。
そろそろ佐伯さんの本も読みつくしてきたし、
別の人、発掘しなくちゃかなぁ・・・。

ステップ (中公文庫)
久しぶりに、電車のなかで読んだらキケンな本でした(笑)
号泣するわけではないけど、何気ないエピソードにじんわりきました。
「のこされた人たち」が「永遠の喪失」とどう折り合っていくのか、
何気ない日常の物語に、ものすごくたくさんの「考えること」が詰まっている、
そんなお話だと思います。
読んでいて悲しいんだけど、でもなんだかほっこり暖かくなるような、
そんなお話でした。

2012.06.13 *Wed*

コンサート「ミハイル・プレトニョフ指揮・ロシア・ナショナル管弦楽団」

仕事が忙しくなってきたので、どうしようかぎりぎりまで悩んでいたのですが、
樫本大進さんのヴァイオリンが聴きたくて、思い切って行ってしまいました(^^;)

グラズノフ:組曲「中世より」 作品79
ベートーヴェン:ロマンス第2番 ヘ長調 作品50
チャイコフスキー:憂鬱なセレナーデ 変ロ短調 作品26
チャイコフスキー:ワルツ・スケルツォ ハ長調 作品34
チャイコフスキー:懐かしい土地の思い出 作品42 ~メロディ
チャイコフスキー:交響曲第4番 ヘ短調 作品36

アンコールは
チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」よりトレパック

ベートーヴェンのロマンスからチャイコフスキーのメロディまでが、
樫本さんのソロとオケでの演奏でした。
樫本さん、ずいぶん前にバッハの無伴奏全曲のコンサートに行った以来なのですが、
昔にくらべて音がまろやかになったような・・・?
ヴァイオリンがグァルネリに変わったせいかもしれないけど、
低音がよく響いてすごく優しい感じに聴こえました。
個人的にはすんごく好みの音色なので、
ますます樫本さんのヴァイオリン好きになっちゃった。

オケもなかなかよかったです。
チャイコの4番も迫力あったし。

会社をちょっとフライング気味で定時ダッシュして、ぎりぎり開演に間に合うような
時間だったけど、思い切って行ってよかったなぁと思います。
久しぶりに生演奏堪能いたしました♪
category : 音楽 | クラシック | 音楽

2012.06.09 *Sat*

お茶のお稽古

今日は本当はお稽古の日ではなかったのだけど、
来週、再来週とお稽古に行けないので、
先生にお願いして本日お稽古へ。

本日のお稽古は大津袋でした。
やっぱりいろいろ忘れてました(^^;)

2012.06.02 *Sat*

お茶のお稽古

本日のお稽古は、盆香合に唐物でした。
去年お稽古しているはずなんだけど、やっぱりいろいろ忘れてる(汗)

06
1
3
4
5
6
7
8
10
11
12
14
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29

プロフィール

yuki

Author:yuki
いろいろ興味はあれどなかなか時間がなく・・・。のんびりとマイペースで楽しんでいることを綴っていきたいと思います。現在神奈川県に生息中・・・。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

Yonda?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング

検索フォーム

Counter

リンク

リンク

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

Copyright © Take it easy All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材:amu*ca)